自民党の元代議士や著名な評論家も不正選挙の可能性を示唆

国政や重要な都道府県知事の選挙で不正が行われている可能性については、いまや自民党の元代議士や著名な評論家も言及を始めている。

自由民主党で国会議員となり、自治大臣・国家公安委員長まで勤めた経歴を持つ白川勝彦氏:
選挙監視団を組織せよ。
(「リベラリスト 白川勝彦の永田町徒然草」)

元外務省国際情報局局長でベストセラー「戦後史の正体」を著した評論家の孫崎享氏:
「舛添偽知事の不正選挙を暴露」

千葉県船橋市・開票所での開票の模様の撮影をかたくなに拒む選管と警察

「さゆふらっとまうんど」さんが千葉県船橋市で撮影した動画。
(さふふらっとまうんどさん、どうもお疲れ様でした。)

ここでも東京都内の開票所と同様に、集開票の機械の操作をよく見ることができる、開票所上部からの撮影を禁止されていました。
何かヤバいことをやってるから、見せたり動画撮影をさせたりしてくれないとしか解釈できません。

しかも、「さゆふらっとまうんど」さんが根拠法を問うても、誰もその根拠法をきちんと説明できず、「選管のルール」だとゴリ押しするしかありません。

何も疾しいことが無ければ、良く見える開票所の2階から開票の模様を観察しようと、録画しようと問題はないはずです。
有権者が一人、閲覧したところで、開票時の秩序が乱れるなんてことは考えられません。

しかも、不思議なことにこの押し問答は最初の30~1時間だけで、その後は何も邪魔されることなく自由に出入りできたそうです。

どうして選管や警察は、有権者が開票の様子を観察したり、撮影したりすることをこんなに嫌がるのでしょうか?

2014年12月14日衆院選 全国各地で多発した選管のミス

先の衆議院選挙において、全国各地で多発したミス。(12/27更新)
なぜ、こんなに多くのミスがあちこちで起きているのでしょう? ただの偶然??

こんなにミスや間違いが起きているのに、結果だけは本当に正しいと思いますか?


京都選管、届け出順発表ミス【14衆院選】 2014/12/02-10:39(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120200516

2014衆院選:海老名市男女別、有権者数に誤り 県選管が訂正 /神奈川 2014年12月03日(毎日)
http://senkyo.mainichi.jp/news/20141203ddlk14010218000c.html

投票所入場券記載ミス、鹿角市選管 会場変更、反映されず 2014/12/04 08:00(さきがけ)
http://www.sakigake.jp/p/akita/politics.jsp?kc=20141204b

共産候補ポスター、民主候補の区画に貼る 「連絡ミス」 2014年12月4日08時38分(朝日)
http://www.asahi.com/articles/ASGD35530GD3PUTB00T.html

不正選挙監視、投票箱追跡中継 徳島2014年12月衆議院選挙

この動画についての解説(velvetmorning blogより)

ちなみに、この開票所も、タクシーの中でも投票箱すり替え可能な、ムサシが急いで増産した再生紙使用の新型投票箱でした。
ジェラルミン製だと車のライトで光ってしまいますからね。

ジェラルミン製の投票箱の西東京市では、ブラックフィルムを貼ったワゴン車が、なぜか大量に導入されてました。
見張っていたら、開票所の前で人は降りずに、なぜか奥に去っていってしまいました。

2014年12月14日衆院選 名古屋市中区老松南投票所(愛知1区)出口調査

「2014年12月14日衆院選 名古屋市中区老松南投票所(愛知1区)出口調査」

http://blog.livedoor.jp/zabu2233/archives/1015715197.html

名古屋市中区の出口調査結果でも次世代の党の得票傾向は千代田区と同様です。

第47回衆議院議員総選挙、千代田区麹町区民館での出口調査結果

小選挙区

海江田万里(民主党)・・・284
山田みき(自民党)・・・468
渡辺徹(次世代の党)・・・37
富田直樹(共産党)・・・76
又吉光雄(無所属)・・・7
野崎孝信・・・7
白票・・・26

小選挙区

比例区政党
自民党・・・412
民主党・・・170
社民党・・・12
生活の党・・・21
次世代の党・・・51
維新の会・・・95
日本共産党・・・110
公明党・・・26
新党改革・・・2
幸福実現党・・・1
支持政党なし・・・0
白票・・・11

比例代表区

選管発表千代田区投票率 = 59.93%

出口調査実測麹町区民館投票率 = 42.87%
選管発表期日前投票率 = 13.89%

出口調査の投票率+期日前投票率 = 56.76%

福島県知事選挙:滞在地(避難先)市区町村における不在者投票

福島県において、県知事選挙(および県議会議員補欠選挙)が10月26日に行われます。
現在、福島県から県外に滞在・避難されている方も不在者投票が可能ですので、是非投票して下さい。

これまでの佐藤雄平知事は、自身の保身や経済を優先し、福島県民を犠牲にする県政を行ってきました。今度の県知事選挙はそれを変える数少ないチャンスです。

なお、不在者投票自体、身元確認も不要と、それ自体が不正を行う余地が多分にあります。

したがって、今回、不在者投票を行われる方は、その点にも十分ご留意のうえで、後に選挙の無効を訴える場合に備えて可能であれば証拠を残すなど準備をして頂くことが理想です。

開票立会人のカメラ撮影を禁止しないよう全国の自治体の選挙管理委員会に通達してください

我々の仲間の方が、Change.orgでの署名活動で総務大臣に対して開票立会人のカメラ撮影を禁止しないよう全国の自治体の選挙管理委員会に通達することを依頼する旨の署名を立ち上げました。

この署名活動の主旨にご賛同される方は、是非以下のリンクから署名にご参加、ご協力下さい。

原告団の残金処分を完了しました

不正選挙の元原告団(平成25年行ケ第4号裁判の原告および未原告)が管理していた口座にあった資金は、一部の金額を希望者に適切な比率で返還後に残額をすべて福島集団疎開裁判の原告団に寄付しました。

添付の画像は、その口座の預金通帳の振込後の残高(=0円)が表示されたページをスキャンしたものです。

4月を過ぎた時点で新たに利子が22円ついています。それを含めた全額を寄付してあります。

東京都知事選の開票所の模様(約10分)

不自然な折り目、意味の分からない振り仮名(細川元首相への票)、そして似たような筆跡の票がいっぱい…

コンテンツ配信